昔の胃カメラは、どうやって作られたのでしょう

何か、お腹に違和感を覚えていませんか?最近、ちょっと働き過ぎて、疲れちゃってるなと感じていませんか。もしかしたら、胃潰瘍では無いかと、お腹が痛くありませんか?そういった事を感じたならば、やはり、詳細な検査が必要になって来るでしょう。もし、検査をしなければ、どうなってしまうでしょうか。放っておけば、もしかしたら、大きな病気に発展してしまう事も在り得るのです。これはけして、大袈裟な事では無いですよね。だから、昔から、お腹に違和感を覚えたら、病院へ行って、胃カメラをするのが一般的ですよね。胃カメラによって、大きな病気を事前に防ぐ事も可能なのです。


でも、昔、胃カメラをされた方なら分かりますよね?とにかく、辛いという一言でしょう。胃カメラを飲むというのは、本当に、苦しい物です。やはり、一番は、嘔吐感ではないでしょうか。それでも、胃カメラは容赦無く喉を通って行く訳です。胃カメラというのは、昔は、大分硬かったようです。それに、今よりも、大きかったようです。そもそも、胃カメラというのは、19世紀の半ばに発明されました。それまでは、お腹の病気は、どうやって見ていたのでしょう。基本的、手術をして、お腹を開かなければ、原因さえ特定出来なかった訳です。かつては、まだ、医療技術も発展していない訳です。ただの検査だけでも、命がけだったのではないでしょうか。お腹を開かずに、検査をしたいと思って、人類は、ある画期的な発明をしたのです。それが胃カメラの初期の物です。ただ、それは、明かりが無かったお陰で、胃の中を見る事は出来ませんでした。その為に普及される事は無かったようです。それから時間が経ち、X線の発見によって体の中を見る事が出来るようになりましたけれども、細かい部分をフォローするところまでは行きませんでした。


そこで、発明されたのが、カメラを入れて、撮影をするという方法でした。そうした紆余曲折があって、ついに今の胃カメラが生まれたのです。この胃カメラは、もう、全世界に普及されていますよね。今では、胃カメラが無ければ、非常に困るお医者さんも多いのではないでしょうか。色々な努力により、胃カメラは、高度な発展を遂げています。苦しみも大分減りましたし、今では、昔よりもっと細かな部分までもモニターに映す事が出来る胃カメラが生まれています。これからもっと胃カメラは発展して行くでしょう。素晴らしい事だと思います。

胃腸内科・消化器内科・総合内科・循環器内科・呼吸器内科・漢方内科・アレルギー内科の診療ができます。 当院は東急田園都市線たまプラーザ駅が最寄り駅です。 たまプラーザ南口胃腸内科クリニックのフェイスブックページ、日々記事を投稿中です! 日本人で増加している大腸がんに対し、ポリープを発見することで事前に予防をして、健康を維持する実績を持ちます。 胃カメラでの検査ならたまプラーザ