鼻から入れる胃カメラが普及しています。

胃カメラは、苦しいと言うのは、間違いないと思います。私、過去に何度もこれを飲んでいますが、大変苦しかったです。カメラが喉を通るときに、吐きそうになるのです。異物が体内に侵入するのですから、当然のことだと思います。

しかし、最近は、カメラについているコードがかなり細くなっています。昔は、それが太くて、苦しかったのです。細くなったことによって、かなり苦しさが軽減されたようです。それと最近では、鼻から入れる胃カメラが普及しているようです。つい最近、私の妻が、これを使って胃の検査をしました。妻は、以前、口からの検査を受けたことがあり、その時、物すごく苦しみ、もう、二度とカメラの検査は受けないと思っていたらしいのですが、医師に言われ、どうしても受けないといけなくなったそうなんです。それで医師に、楽にできる方法がないかと訊ねたら、鼻から入れるのであれば、楽ですとのことだったので、この検査方法にしたそうです。妻は、半信半疑で、どきどきしながら、検査を受けに言ったそうなんですが、実際に検査を受けてみると、物すごく楽だったそうです。すごく細いらしいです。鼻から入れるのですが、違和感なくスムーズに胃まで入ったそうです。以前の口から入れる苦しさを知っているので、あまりにも楽に終わったので、びっくりしたそうです。ただ、鼻から入れるカメラには、欠点があるそうです。カメラが小さいので、口から入れるカメラに比べて、詳細な画像が見れないそうなんです。

しかし、これに関しては、年々、カメラも進歩していますから、綺麗な映像が見れるようになるのも近いと思います。吐きそうになる苦しさから解放されただけでも、物すごく嬉しいことです。現在ではさらに、カプセル型のカメラが登場しているそうです。私がテレビで見た時は、胃の検査に使うようなことを言っていましたが、実際には、小腸の検査に既に使われているそうです。無線で方向をかえる事ができるようになっているので、自由にいろんな部分を見ることができます。回収は、便と一緒にお尻から出すそうです。小腸で使えるなら、途中の胃で使えるように思うのですが、現在のところ、胃の中では、画像が悪く、はっきり見えないそうなんです。しかし、これは、改造されるのに、それほど時間が掛からないように思います。近いうちに胃もこれで、検査できる日が来ると思います。これで小腸を検査すると、苦しさはないらしいです。早く胃の検査もできるようになればいいなと思います。